所在地
東京都世田谷区松原1-7-20
電 話
03-3321-0238
公式HP
御祭神
主斎神
 大祖参神―おおみおやのかみ―
 (天之御中主大神、高皇産霊大神、神皇産大神)
配合神
 天照皇大神、月夜見大神、木花開耶姫大神、
 彦火瓊々杵大神、天神地祇八百萬神
 
管 長
管長 宍野史生
教 典

「神理大要」「神徳経」

 
創始者
冨士道開祖
藤原(長谷川)角行東覚(かくぎょうとうかく)
 1541(天文10)1月15日〜
 1646(正保3)6月3日
教祖初代管長 
宍野 半(ししのなかば)
 1844(弘化元)9月9日〜
 1884(明治17)5月13日
儀式・行事
報元大祭(3月春分/9月秋分)
開山御神火大祭
(6月3日/開祖冨士山頂結神の元亀3年6月 3日に因る冨士神法斎火祈祷)
御山神事
(7月中旬〜8月下旬/仙元宮御神鏡の冨士山 頂巡幸と天拝宮奉遷による連日神事)
夏越・師走の大祓
福徳歳開祭(1月)
歳納御礼祭(12月)
及び月例の月次祭(毎月12日)など
 
後継者

二世管長 宍野健丸
三世管長 宍野健弌
四世管長 宍野健之
五世管長 杉山一太郎
現管長  宍野史生

教 史

 冨士道開祖角行(かくぎょう)は戦国の乱世を憂いた父母の泰平への祈りの中から生を受けた。天下が麻の如く乱れ、苦しむ人々を救うのは神の力の他はない、と開祖が故郷の肥前国(長崎県)から諸国修行の旅に出た永禄元年が「天地平安・萬人安福」を真願とした扶桑教開教の年である。常陸を経て奥州達谷窟で修行中の永禄3年、神告を受け冨士西麓人穴(静岡県人穴村)に至り、生涯の修行地と定めさまざまな大行を積み、爪先立ち一千日大行の満願のとき「仙元宮」(せんげんぐう)の神示を受けて「角行」という行名を授かる。霊峰冨士山は、日本の中心にそびえ、又日本大地全体が東の天に向かって合掌した姿をし、その頂上こそが万物の根源であり「もとのちちはは・仙元大神」との結霊を戴ける場所である、と角行は山頂をめざして登拝修行を重ねる。
 元亀3年6月3日、角行32歳のときに初めて冨士山頂で北辰を拝し大神との結霊を直受、「我は神 まなこは日月 息は風 海山かけて わが身なりけり」という、山岳崇拝宗教とは類を異にする独自の神観・宇宙観・人生観を展開して冨士神法を興す。その間多くの御文句・御神語を拜受した角行は元和6年80歳のとき、人穴で受けた神告「仙元宮」の御神鏡を謹製奉鎭、その後正保3年106歳で一生を終えるが、御神鏡は角行が全身全霊を以て御神威を籠めた「御神実(みかむざね)」として現在本部太祠に奉斎している。角行は全生涯を修行に徹したので血統は無いが、その教法・行法は代々弟子たちに受け継がれて行く。別立六世食行(じきぎょう)は当時江戸幕府の施政に独自の教義を以て立ち向かい、享保18年冨士山烏帽子岩で即身入定を果たす。
 その後この信仰は「江戸八百八町に八百八講あり」とまで言われる程隆盛を極める。しかしその教えは治世に反抗するとされ、寛保2年から嘉永2年の大弾圧を経て約百年間、布教禁止を余儀なくされることになる。
 教祖宍野半(ししのなかば)は薩摩国(鹿児島県)に生まれ、明治になり官弊社となって初の宮司として駿河国(静岡県)と甲斐国(山梨県)の浅間神社に赴いた。そこで弾圧されながらも登拝修行をする講社の人々の姿を見つつ、自らも冨士山に登拝して仙元大神の神威を感じる。先達たちの懇願に応えて冨士道復興の志を立て、明治6年「冨士一山教会」の設立を決心、当時邪教視されていた冨士道の神道化を図り官職を一切辞して、「冨士山・日本」を意味する「扶桑」を教団名として一派特立に心血を注ぐ。明治15年5月、勅許により「神道扶桑派」として特立、同年11月には「神道扶桑教」と改名の認可を受けて開祖以来の冨士道統。「他のために祈る」欺道はここに教派神道の一派として確立される。

教 義
 全ての生命の持続と営みは、大祖産神のみはかりによるものである。「地底より天空へ息吹なす冨士山こそ、天地結霊の御柱・萬本の根源である」という冨士道の教えに基づき、山そのものを崇拝するのでない、形儀・無有を超えての冨士山を根本道場として「他のために祈る」まことのこころを以て惟神の大道を宣揚する。冨士登拝修行ではたとえ嵐の中にあっても「六根清淨、御山は晴天」と唱えながら神の大息に自身を投じる。主唱する御神語「こうくうたいそく みょうおうそくたい じゅっぽう こうくうしん」で、神人合一の境地に身を置き、また御神名「たかまのかむろ かむろぎかむろみ くしきみたまを さきはへたまへ」を唱えて、安心立命への信仰心を高め、神の大恩を忘れることなく、天地平安・萬人安福を真願に日々実践してゆくことが大切である。また、人はその生を終えると、魂は大神のもとに還り「みそばつかえの御霊」として修行を続けるとして顕幽一如を説き、神の「みおきて」のまにまに生かされていることを心得ることによって大神とのムスビを認識することができる。
祭式と祈り
 毎月次祭をはじめとする祭儀には、教祖が著した本教の教典である「神徳経」を全員で奉唱している。純神道の面の他、本教は神事として行衣(山装束)を着て冨士山の形に組み上げた斎木を焚き、その浄火による祈祷を行なう法をも併せ持ち、開祖以来の冨士道統と教祖以降の教統を現在に継承しているが、双方とも根本に「無私」の心を以て人心を救済する、揺るぎない祈りが込められている。