所在地
埼玉県さいたま市盆栽町377
電 話
048-663-7928
御祭神
参鏡-天祖参神
(天御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神)
-あまつみおやもとのちちはは。
 
教主
道主 柴田尋之(しばたひろゆき)
教典

「實行教神拝御恩禮詞」
(遥拝詞、御恩禮詞、祖霊日拝詞)。

 
創始者
不二道の開祖は長谷川角行(1541〜1646)實行教の教祖は柴田花守(1809〜1890)
儀式・行事
春秋大祭(4月第3日曜・11月23日)
神衣祭(春秋大祭前日)
祖霊祭(春秋分の日)
富士登拝(8月3日)
平成8年は道祖長谷川角行
霊神350年祭を4月17日に行った。
 
後継者
不二道統第二世黒野日行日
第三世赤葉
第四世森月行
第五世伊藤食行身禄
第六世伊藤花子一行
第七世伊藤参行六王
第八世小谷禄行三志
第九世徳大寺参行三息
第十世柴田咲行三生(實行教初代管長)
第十一世鵜殿中行三親(没後道統に拝列さる)
第十二世柴田忠行三恕(實行教二代管長)
第十三世柴田中行三守(實行教三代管長)
第十四世柴田謹行三美 (實行教四代管長)
第十五世柴田辰行三禮(實行教五代管長)

現在は不二道統第十六世、實行教六代道主
柴田尋之。
教 史
 實行教の前身は不二道である。この不二道は富士講と呼ばれた富士信仰者の多くの集まりのひとつであった。不二道の道祖、開祖は長谷川角行で十八歳の折り、生地長崎を出て諸国巡拝の途につき富士山を中心に大行を勤め、天寿百六歳の生涯を祈りによる『戦なき世の実現』に心血を注がれたと伝えられる。
 武田の残党に襲われた徳川家康を人穴に匿ったのも、この人物により戦なき世が訪れると確信されたものと伝われる。中興の祖は第五世伊藤食行身禄で、伊勢より江戸に出て商いが成功したが、すべての財産を人々に分け与えた後、身は一介の油行商として道の教えを広めた。63歳の時、富士に入定し一ヶ月の断食行の末、多くの教えを残し帰天された。この事実によって当時の富士講は隆盛を迎える。みろくの世の到来を説き富士登拝を勧め江戸庶民の共感を得たのであった。(昭和に入り、作家新田次郎は食行身禄を主人公に小説『富士に死す』を表している)。第八世小谷禄行三志は武州鳩ケ谷の出身であるが富士の教えを全国に広めた。二宮尊徳も教えを受けた一人である。京都では宮中に入り富士の教えを説き、不二道の行者三志の名は高まり第九世徳大寺参行三息は公郷出身で僧籍にあったが三志の教えを受け入信した。
禄行三志は1841年没するが、1847年(弘化4年)不二道信者は「みろくの世」が到来していることを天子・将軍に知ってもらい、世が改まるべきことを願い「不二道御取用願立」を直訴したが、却って奉行所の取り調べの結果、不二道禁止を受けるに至る。
封建時代にあって不二道は食行身禄の説いた四民同等男女平等、更には職業に上下貴賎はなくすべてが分業として携っているに過ぎないとし、やがて世が改まると信じてきた。
 實行教の教祖、柴田花守咲行は1809年肥前小城の藩士の子として生まれ、6歳にして藩校に入学。元服後、藩主の命により西洋医学の伝習生としてシーボルト高弟眼科医、高良斉に師事。その後、病を得て帰宅した為にシーボルト事件に巻き込まれる事はなかった。良斉師の依頼で日本の動植物の模写をシーボルトに手渡していたのである。18歳の折、不二道統第八世小谷禄行三志が長崎に布教の為来るや入信師事する傍ら、神道、仏教、儒教を学び、国学・蘭学・詩歌・書も修めた。幕末の志士とも交わり、長崎丸山花月では端歌『春雨』を作詞し、当時の憂国の心を世に残した。時代は明治に移り不二道を神道化する方向に進み、明治11年教名を實行社とし、明治15年政府の認可を得て神道實行教の初代館長となる。本庁を東京牛込東五軒町に置き、山岳信仰にとどまらず、我国固有の惟神の道を教えのうちに展開し布教活動を本格化した。
 柴田花守没後、長男柴田禮一(1840〜1920)が管長を世襲。1893年米合衆国シカゴで開催された万国宗教会議に神道家として唯一人出席し、装束を着し、正面に富獄の掛軸を掲げて演説し、日本神道を古事記から説きおこして世界に紹介した。また各国の軍備全廃とそれに代わる世界協同の国際警察軍創設と各国連合の国際裁判所設置を提唱し、世界平和の具体案を披瀝した。帰国後は宗教者の協力を唱え、神道同志会発足には積極的に参画した。柴田禮一の長男孫太郎(1871〜
1939)は、東京帝国大学でドイツ語を学び、久しく陸軍士官学校でドイツ語教授の傍ら、神道を修め、父没後、管長を世襲。孫太郎の長男道守(1900〜1995)は、昭和14年管長を世襲し、戦災で消失した本庁を大宮に移転させ復興に尽力した。後継者は道守の次男柴田辰彦、現在は辰彦の長男柴田尋之である。
教 義
 万物の根源と信仰する天祖参神及びその分魂鎮座の霊獄である富士山を崇信し、神人合一の霊境を体認して死生を申明し誠心をもって實の行に励み、宝祚の無窮と万人の福祉を祈請するにある。開祖の垂示に基づいて一切の恩に報謝し、實の行を修め、惟神の大道を宣揚することを本旨とし立教の原点とする。
 あまつみおやもとのちちはは様に孝行すること。毎日神拝御恩禮詞を奏上し心身を清め祖先追慕の念を強めること。日ごろは親孝行。
祭式と祈り
 春秋の例大祭は明治の立教以来我国固有の祭式を執り行っている。拝は二拍手として祓詞(大祓詞)を奏上する。そして遥拝詞に続き御恩禮詞を奏上した後、教訓謡を唱和する。教訓謡は教祖柴田花守が著したものが主で、題は生立・教導・道祖御恩禮・霊前等二十数種あって大祭では、道祖御恩禮を全員で唱和する。實行教は人生を行の場として、行名修行を行う。道祖は角木の上で爪先立ちの難行され角行と称され、以降の世々尊師は日行・瀲行・月行・食行・一行・参行・禄行・参行・咲行・忠行・中行・謹行・辰行の行名を持ちその名にふさわしい修行をされた。
 行名とは修行努力の方向を示す名前であり、行名修行をするには祈りが必要である。行名修行が満足に達せられると三名が授与される。三名は修行の成功を称えるものである。霊代にはこの行三名が記される。三名とは天祖参神の思召に近づいたという意がある。